• 2019年10月07日(月)

    乳幼児教育相談  「かけっこしたよ」

    9月28日(土)は,鹿児島聾学校の運動会でした。そこで,あお組ときいろ組のお友達も,かけっこに参加しました。たくさんのお客さんに緊張して,お母さんに抱っこされて走る子,張り切ってゴールで待つお母さんに向かって笑顔で走る子,それぞれに運動会の雰囲気を味わったようでした。走り終わったら,校長先生から大きなメダルをもらい,緊張していた子も笑顔になりました。応援にいらしていた方々も,きいろ組のかわいいお友達の姿に,「かわいいね。」と大喜びしてくださいました。暑い中でしたが,またひとつすてきな思い出ができました。

    ① ②
    ③ ④

     

  • 2019年10月07日(月)

    乳幼児教育相談  「第5回 たのしいリトミック」

    今回のリトミックは,あか・あお・もも組5名(0・1歳児)の参加でした。初めてや久々のリトミックで緊張気味の子,慣れた様子で部屋に入り,にこにこと遊びに入る子と最初は様々な表情を見せていましたが,いつもの「おはよう」が始まると少しずつほぐれてきました。

    リトミックの前半は,お母さんに抱っこされて歩いたり走ったりして,リズムを体で感じて遊びました。その後には,わらべ歌やふれあい遊びで「タッチ」「トントン」「ぎゅーっ」「なでなで」と,親子でたくさんスキンシップをとりました。

    後半は,新聞紙で遊びました。まずは,新聞紙で望遠鏡やメガホン,車といろいろ見立てて遊んで,その後はビリビリ破いて・・・。最後は,破いた新聞紙を投げ上げてシャワーにして遊びました。ダイナミックな遊びに,笑顔や笑い声がたくさん出ていました。

    親子でのたっぷりスキンシップと子どもの大好きな新聞紙遊びで,今回も楽しい時間を過ごしました。

    次回は11月7日(1,2歳児対象)です。

    ① ②
    ③ ④

     

  • 2019年09月26日(木)

    乳幼児教育相談  祖父母参観日

    9月20日(木)は,おじいちゃん,おばあちゃんに来校していただいて,保育の様子を見てもらったり,一緒に遊んだりしてもらいました。

     朝のあいさつでは,歌遊びやお名前呼びをしました。歌遊びでは,おじいちゃんやおばあちゃんの膝に座って,「どんどんおやま」で太鼓の音が「聞こえた」ことを意識しながら「どすん」と落ちる動きを楽しんだり,「バスごっこ」では,歌に合わせてバスの「揺れ」や「カーブの傾き」をダイナミックに感じたりしました。おじいちゃんたちは,お孫さんの重さや反応に成長を感じたり,笑顔に元気をもらったりしたことでしょう。

     音遊びでは,ラッパ,タンブリン,太鼓とよく知っている楽器の他に,ウィンドチャイムやキーボード,ドレミパイプといった珍しい楽器にも触れて遊びました。今日は,あお組,きいろ組の子供たちが一緒に保育をしたので,ラッパが上手に吹けるお兄ちゃんたちを見て,小さい子がまねして吹く様子も見られました。おじいちゃん,おばあちゃんたちの前で大いに褒められた子供たちは,いつもよりも得意げな顔をしていました。

    ① ②
    ③ ④
    ⑤ ⑥
    ⑦  

     

  • 2019年09月13日(金)

    乳幼児教育相談  「第4回 たのしいリトミック」

    夏休みも明け,久々に牧角先生の楽しいリトミックが行われました。今回(9/12)は,1,2歳児対象でした。

    前半は,いつものようにお母さんと一緒に曲に合わせて歩いたり走ったりしました。ときには抱っこされてゆらゆらゆれたりして体を動かす活動をしたり,季節の歌を歌ったり,歌に合わせて手をたたいたりして楽しみました。

    後半は,一人ずつ太鼓を転がしながら運んできて,親子でトントン。視線を合わせて「トントントン」「ドンドン」という言葉掛けがよく聞こえていました。他にも,長いロープが出てきてその上を「おっとっと」と言いながらみんなで歩いて渡ったり,にょろにょろ動かしてジャンプで越えたりして遊びました。

    どの子も,お母さんにたくさん褒められて笑顔いっぱいで楽しい時間を過ごしました。

    次回は10月1日(0,1歳児対象)です。

    左上 右上
    左下 右下

     

  • 2019年09月13日(金)

    出張相談(出水)

    ○出張相談(9月11日)

    9月11日に,出水市での2回目の乳幼児教育出張相談を行いました。今回は,0歳児2名の参加がありました。

     前半は,まず,太鼓を鳴らして音を意識したふれあい遊びをしたり,歌遊びをしたりしてリラックス。他にも,絵本の読み聞かせでは,「だるまさんが」のフレーズに合わせて,お母さんと揺れながら体,耳,目で楽しみました。

     おやつは「りんご」。りんごの皮が長くむかれていく様子を見たり,食べたくてりんごの実を見つめて手を伸ばしたり,口をもぐもぐしたり。りんごをもらうとうれしそうにお口に運んで,もぐもぐする姿はとてもかわいかったです。

     後半は,紙遊びをしました。ティッシュやお花紙を箱から引き出したり,ティッシュでいないいないばあをしたり,フーッと紙を吹く様子を見たり,子供たちのペースに合わせて,たくさんの言葉掛けの中で活動をしました。

     最後のオーガンジーでの布遊びは,手足を動かして喜んだり,「もう1回」と言わんばかりに職員を見つめたりして,全身で楽しい気持ちを表していました。

     次回は,鹿屋市で10月9日に行います。ご参加お待ちしています。

    左上 (2) 右上
    左 右
    左下 右下

     

  • 2019年07月30日(火)

    同窓会の皆様へ(ご案内)

    お元気でお過ごしでしょうか。

    今年の運動会は下記のとおり9月に行います。

    たくさんの参加をお待ちしています。

     

    【令和元年度運動会のお知らせ】

    日時:令和元年9月28日(土) 9時から15時

    場所:本校運動場(雨天時は体育館)

    ※ 来賓・同窓生種目がありますので,ぜひ参加してください。

    ※ 荒天時は9月29日(日)に延期します。

     

  • 2019年07月26日(金)

    第4回「たのしいリトミック」

    7月16日(火)に,牧角先生による4回目のリトミックがありました。今回は,0,1歳(あか・あお・もも組)対象で,5組の参加でした。

      まだ,0,1歳ということではじめにじっくりと親子で自由に遊ぶ時間を取り,雰囲気や友達同士に慣れてからスタートしました。

      しっかりと心と体の準備ができた子供たちは,前半からとてもいきいきとお母さんと一緒に活動していました。音楽に合わせてお母さんに全身を優しく触れられたり,くすぐられたり,膝に乗って揺られたりといったふれあい遊びでは,「キャッキャッ」と声を出して喜ぶ子もいました。どの親子もしっかりと目を合わせてとても楽しいふれあい遊びの時間でした。

      一息入れたあとは,大きな布で遊びました。牧角先生の持っている布が,どんどん大きくなっていく様子を,期待を込めた目でみんなよく見ていました。その後は大きな布でのいないいないばあににっこり。みんなで楽しさを共有することができました。最後は,親子でバスタオル遊び。バスタオルに乗って引っ張ってもらったり,いないいないばあをしたり,ぱたぱた振って風を感じたり,親子でじっくりと関わって遊びました。

      次回は9月12日にきいろ・あお(1・2歳児対象)で行う予定です。

    左上 右上
    左下 右下

     

  • 2019年07月22日(月)

    進路だより

     令和元年度進路だより第1号を発行しましたので,ご覧ください。

    R1 進路だより①[PDF:514KB]

     

     

     

  • 2019年07月17日(水)

    出張相談会(伊佐地区)

    • 出張相談(7月10日)

      7月10日に,伊佐地区で乳幼児教育出張相談会を行いました。今回は,0歳児2名,1歳児1名,2歳児1名の参加がありました。

       前半は,ふれあい遊びや歌遊びで,親子で触れあいました。目を合わせることで,お母さんやお父さんからのタッチやくすぐりを期待する,かわいい笑顔をじっくり見てもらいながら行いました。顔をぐっと近づけて体に触れて,スキンシップを楽しみました。

       後半は,楽器遊びをしました。ウィンドチャイム,カホンといった珍しい楽器,キーボード,太鼓,ラッパ,マラカス,すずといった馴染み深い楽器とたくさんの楽器にじっくり触れました。音の出し方はもちろん,音色や音の響き方も違って,いろいろな楽しみ方ができました。ちなみに,子どもたちの一番人気はキーボードでした。

       次回は,出水市で9月11日に行います。ご参加お待ちしています。

    左上

     

    右上
    左下 右下

     

  • 2019年06月20日(木)

    【中学部】 日曜参観

    6月16日に本校で日曜参観を行ないました。各学部で授業参観はもちろん,講演会や実習体験など様々な企画が準備され,普段学校にあまり来校できない兄弟や祖父母の方のなど大勢の方々が参加されました。

    中学部では,1校時の授業参観後に,親子職員親睦ミニバレー大会を行ないその後,中学部の教諭,俵積田知里の講演会を開催しました。

    ミニバレー大会は短い時間でしたが,終始和やかなムードで試合が進み,文字どおり親睦を深めることができました。講演会は聴覚障害のある教諭の,幼いときから現在に至るまで,自分が障害をどう認識して,どのようにそのハンディを克服してきたかということを中心に講演が進みました。生徒も保護者の方々もみな真剣に講演に聴き入っていました。

    左 右